お問い合わせ

Eng

人と組織の
活性支援

マーケティング・
営業支援

会議運営・事務局運営

地域活性支援

訪日インバウンド支援

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

eスポーツのポータルサイト「esports port」や主催イベント運営などを通じて、ゲームイベントや新しいデジタル体験の場の創出を目指します。

プレイヤー、ファンの人数も、そして市場規模も年々拡大するeスポーツ。
JTBコミュニケーションデザインでは、誰でも簡単にeスポーツイベントを実施・参加できるポータルサイト
「esports port」の運営を通じて、多くのプレイヤーにeスポーツを楽しむ場を提供しています。

また、プレイヤーだけでなくeスポーツファンにも楽しんでいただけるような主催イベントや、地域をテーマにしてゲームコンテンツを掛け合わせたデジタル体験プログラム「e-Travel®」も企画・実施しています。

さらに、小学生向けプログラミング教育の推進のため、ビジュアルプログラミング言語を活用した教材開発や、その作品の成果発表の場として腕試しができるコンクール「プログラミングスタジアム」の開催など、その領域は多岐に渡ります。

全国のeスポーツを応援する
ポータルサイトesports port

esports port

2018年にスタートしたesports portは、全国で開催される大小さまざまなeスポーツイベント情報をお届けするポータルサイトです。自分たちでイベントを開催したい方、予定されたイベントに参加したいプレイヤー、どなたでも*会員登録は無料。多くの方々にeスポーツイベントを楽しんでいただいています。

特に、デジタルコンテンツへの熱量の高い大学生をはじめ、若年層会員が多いのが特長で、企業・法人様にもマーケティングやプロモーションの領域で連携いただくことが可能です。

12歳以下の登録は保護者の承認が必要です。

主な機能

イベンター会員向け

スマホで簡単イベント作成&募集告知

開催レポートやトーナメントなど便利ツール利用

プレイヤー会員向け

マイページ取得でらくらくイベントエントリー

ゲームライフを充実させる各種のコンテンツ利用

法人様のご活用シーン

マーケティング

  • サイトコンテンツ連動型キャンペーン
  • 会員向けサーベイ・アンケート・情報発信

プロモーション

  • サイトへのバナー・動画掲載によるブランディング
  • esports portへの協賛によるブランディング

主催イベント

2018年の事業開始後から、JTBコミュニケーションデザインでは主催イベントを数々実施してきました。
法人企業様においては、当社の主催イベントへの協賛による露出などが可能です。

事例

大会名称 esports ports杯
ゲームタイトル クラッシュ・ロワイヤル、ウイニングイレブン2020、ぷよぷよ eスポーツ 他
概要 上級プレイヤーからライトなファンまで、誰でも参加できる、上手くなくても勝てる、思わぬ賞品がゲットできるオンラインeスポーツ大会
時期 2020年2月~

e-Travel®

Island Resort e-Travel

令和時代の「デジタル空間だからこそ楽しい」トラベル体験e-Travel®。
第1弾は、Island Resort e-Travel®シリーズと称し、島をテーマにしたバトルロイヤルゲーム「フォートナイト」に「沖縄・ハワイ観光」を盛り込んだオンラインイベントを実施。
特別なイベント開催とプロゲームチームの協力による情報発信でターゲットを囲い込み。
eスポーツを通じた「沖縄・ハワイ観光」という新しい取り組みを実現し、参加者にも視聴者にも満足していただきました。

esports Island Resort

詳しくはこちら

プログラミングスタジアムとは

"自ら考え抜く力"を身に付けるためのプログラミング的思考の育成を目的に、小学校での情報教育が活発化しています。
JTBコミュニケーションデザインでは、ビジュアルプログラミング言語を活用した教材開発や、その作品の成果発表の場として腕試しができるコンクール「プログラミングスタジアム」の開催を通じて、小学生のプログラミング教育の推進に貢献してまいります。

なお、本取り組みにご一緒いただけるパートナー様も募集しております。詳細はお問い合わせフォームにてご連絡ください。

プログラミングスタジアム


詳しくはこちら

よくあるご質問

企業でもesports portを利用して、eスポーツイベントを開催することはできますか?
esports portは法人・個人のお客様どちらでも、イベント主催者であれば無料でご利用いただけるウェブサービスです。一般公開/クローズド募集型、個人/チーム戦などさまざまな形態・ジャンルのゲームに対応していますので、目的に応じての活用が可能です。
e-Travel®のようなユーザー参加型のイベントを地域で開催したいのですが誘致できますか?
e-Travel®は今後、特定の地域に留まらずに展開エリアを拡大していく予定です。発信したいオンラインコンテンツや地域の魅力(見どころ・物産など)をお考えでしたらお問い合わせください。
JTBコミュニケーションデザインの主催イベントに協賛として参加することはできますか?
現在多く開催されているオンライン大会への協賛の他、JTBグループが推進しているe-Travel®企画へのパートナーシップや、ポータルサイト「esports port」への広告出稿など、ターゲットにあわせたプログラムをご用意しています。
小学生などのプログラミング授業で活用できる教材はありますか?
教育機関や塾などでご活用いただける、Scratch※を使用した無料のオリジナル教材がございます。詳細はお問い合わせフォームにてご連絡ください。

※Scratchは、MITメディア・ラボのライフロング・キンダーガーテン・グループの協力により、Scratch財団が進めているプロジェクトです。https://scratch.mit.eduから自由に入手できます。

お問い合わせ

当社は「リモートワーク」を基本とした働き方へ移行しました。
恐れ入りますが、お問い合わせは下記フォームにてお願いいたします。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
事業共創部 コンテンツ事業局 03-5657-0698
※業務状況により、お電話に出ることのできない場合がございます。