お問い合わせ

Eng

人と組織の
活性支援

マーケティング・
営業支援

会議運営・事務局運営

地域活性支援

訪日インバウンド支援

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

JTBコミュニケーションデザインが取り組む電力供給事業

地域活性化を実現するために最適価格で電力を提供!

JTBグループとして取り組む電気事業では、地域の旅館・ホテルなど観光施設やレジャー施設など観光関連事業者を始め、地域で活躍する企業様に電力供給をしています。独自の需給管理体制を構築し、より高い削減率と安心・安定の運営体制を実現しています。
地域の事業者様に電気料金削減を通して経営資源を確保していただくとともに、地域の活性化に貢献する最善のプランをご提案します。現在、北海道・沖縄(島嶼部除く)エリアで、電気をお届けしています。

JTBコミュニケーションデザイン独自の電力事業モデル

需給管理のすべてをJTBコミュニケーションデザインで内製化

熟練の専門スタッフがセキュアな環境で日々対応しています。

需給管理とは?

電気は貯めておくことが難しく、また需要がある以上、送電しなければならないため、時々刻々と変動する需要量に合わせて供給量を一致させ続ける必要があります。この需要と供給のバランスをとることを需給管理といいます。JTBコミュニケーションデザインでは、需給管理業務に長年携わってきた専門家を社内に配置し、独自のロジックで、最適な需給管理を行っています。

切替費用ゼロ円で
電気料金を削減
無料
書類手続きのみで
契約変更
簡単
安心・安全品質の
電力供給
安心

付加価値

観光協会や日本版DMOなどの観光関連組織を通じた観光財源還元モデルの導入実績

観光関連組織 株式会社 阿智昼神観光局様
URL http://hirugamionsen.jp/

「日本一の星空」のブランドを確立し、観光客を集めている長野県阿智村において、村全体の観光地域づくり推進の観光戦略を担っている。

観光関連組織 一般社団法人 鳥羽市観光協会様
URL http://www.toba.gr.jp/

市内全域が伊勢志摩国立公園に位置し、海の幸や宿泊、レジャーなど様々な楽しさを訴求し、幅広く地域活性事業に取り組んでいる。

観光関連組織 志賀高原観光協会・旅館組合様
URL http://www.shigakogen.gr.jp/

上信越国立公園を中心とした地域資源を活用し、幅広く地域活性事業に取り組んでいる。

創出された財源で、地域・施設一体となり、地域活性・環境保全施策をご提案・実行

  • 1) 各種ソリューション

    集客促進施策
    組織活性施策
    人材育成施策
    設備投資
    商品開発
  • 2) CO2ゼロMICE

    MICEを実施する際に、その会場で使用される電気を再生可能エネルギーに置き換えることで、CO2を実質0にできるサービスです。

    詳しくはこちら

  • 3) EV充電器

電気料金削減実績

①観光施設様

クライアント 旅館
契約電力 約100kW
年間電気料金 約560万円前後(削減前)
年間削減額 約55万円 ▲9.8%削減

切替の背景
「今までは新電力の営業をすべて断ってきました。今年になって近隣旅館も新電力に切り替えているところが増えてきたので、色々比較している状況でした。」

切替後の感想
「電気料金はシミュレーション通りに削減できているので満足です。定期的な訪問の際にさらなるアドバイスを頂けるのが有難いです。」

クライアント 大規模ホテル
契約電力 約1,180kW
年間電気料金 約9,100万円前後(削減前)
年間削減額 約480万円 ▲5.3%削減

切替の背景
「過去に新電力を検討したが仕組みを理解できない部分があったので見送っていました。今回は切替時の注意点や電力自由化の背景なども分かりやすく説明頂き、削減額も高かったので契約しました。」

切替後の感想
「大規模施設ですが、保守管理や点検などは今までと変わりないので、全く問題なく運用できています。」

クライアント スキー場
契約電力 約500kW
年間電気料金 約3,000万円前後(削減前)
年間削減額 約426万円 ▲14.2%削減

切替の背景
「新電力会社の契約満了に伴い再切替を検討していました。削減額はもちろん、料金単価以外の削減アドバイスもあったので契約しました。」

切替後の感想
「他新電力の方が削減額が大きかったが、信頼できる会社に任せたかったので満足しています。もっと早く切り替えておけば良かったです。」

②一般企業・公共施設様

クライアント 工場
契約電力 312kW
年間電気料金 1,480万円前後(削減前)
年間削減額 約160万円 ▲10.7%削減
クライアント 公共施設
契約電力 680kW
年間電気料金 2,350万円前後(削減前)
年間削減額 約360万円 ▲15.4%削減

お申込の流れ

電力供給までの流れ

ご面倒なお手続きや作業はございません。
切替費用は発生いたしません。

削減シミュレーション
まずは削減額を確認!
直近1年分の電気料金の請求書をご提出下さい。
変更のお申し込み
手続き簡単!
(株)JTBコミュニケーションデザインへ電力需給契約のお申込。
供給開始
電力供給開始!
お客様側の作業はありません。
  1. 削減シミュレーションで電気料金の削減効果を確認の上、不明な点や不安な点などご説明いたします。
  2. 書類手続きのみでご契約可能です。
  3. お申込受付後、 2.5~3カ月程度でJTBコミュニケーションデザインから電力を供給いたします。

お支払い方法

お支払い方法は、クレジットカード決済か口座振替の選択が可能です。
クレジットカードは、以下のカード会社をご使用になれます。

ご使用可能クレジットカード会社

よくあるご質問

ご契約前

JTBコミュニケーションデザインの電力事業では、どうして電気料金を安くできるのですか?
新電力が電気料金を安くできる理由
地域電力会社は全てのお客様を差別してはならないと電気事業法で定められているため、電気料金も統一されております。対して、新電力会社はお客様のご利用状況に応じて電気料金を設定することが認められています。
その中でも、JTBグループの当社は、電力の仕入れや供給の管理(需給管理)、請求書発行等も全て内製化することでコストを抑え、"安心・安全"に電気をご提供させていただきます。
契約に伴い、工事や切替手続き費用は発生しますか?
工事費用および手続きに伴う費用は一切発生しませんのでご安心ください。ごくまれに通信機器の設置で費用が発生する場合がありますが、その場合は切替のご判断をいただく前に御連絡させていただきます。
契約切替には、面倒な手続きが多かったり時間がかかったりしますか?
面倒なお手続きはございません。書類手続きのみでご契約の切替が可能です。
お申込みから切替までには、2.5~3ヶ月程度お時間がかかります。
既に他の新電力と契約していますが、契約できますか?
契約可能です。※既契約の契約内容によって、解約手数料が発生する場合があります。

ご契約後

送電線が切れるなど、事故があった場合はどうなりますか?
送電線の保守行う地域電力会社は今までと変わりません。送電事故や計画停電など送電線網からの電力供給が止まった場合は、JTBグループの電力事業でも供給が止まります。
現在の電気の保安管理・点検などの契約はどうなりますか?
現在のご契約が継続されます。
電気が止まることはないですか?
お客様と契約すると同時に、地域電力会社とバックアップ契約を締結しますので、万が一、JTBグループの電力事業で、電気の仕入量が不足した時でも、自動的に地域電力会社からJTBグループを通じて電気供給されますのでご安心ください。
契約後の電気料金の支払いはどこになりますか?
電気料金の支払先が、株式会社JTBコミュニケーションデザインに変更となります。
契約時の料金プランがずっと続くのですか?
契約後でも、電気のご利用状況に合わせて、定期的に最適なプランをご提案させていただきます。
一度契約すると解約できないのですか?
解約は、お客様の意志で自由に行うことが可能です。ただし御利用開始1年未満の場合は解約金が発生いたします。途中解約に関する計算方法等については、弊社需給約款をご確認ください。

約款・プライバシーポリシー

お問い合わせ

ご契約のお客様

各種お問い合わせ窓口

  1. JTBコミュニケーションデザイン切替後の電気料金について・登録情報(お客様情報/個別情報・契約関連ご担当者様・ご請求書送付先・電気ご担当者様情報・主任技術者)の変更について

  2. 増設/減設(点検による停電)等のご利用状況にご変更予定がある場合や、PASやケーブル等の更新工事、また節電やデマンドレスポンス等の技術的なお問合せについて

    事業共創部 ソーシャルビジネス局 電力事業カスタマーセンター

    Tel:03-5657-0622
    e-mail:denki@jtbcom.co.jp
    (平日9:30~18:00)

  3. 送電線側の点検や突然の故障、落雷事故等による停電について

    地域電力会社の各エリア窓口にお問い合わせください

    *営業所がご不明な場合は弊社にお問合せください。

  4. 送電線側の点検や突然の故障、落雷事故等による停電について

    まず電気主任技術者へご連絡ください。

    *ご連絡がつかない場合、下記へご連絡ください。

    事業共創部 ソーシャルビジネス局 電力事業カスタマーセンター
    平日9:30~18:00:03-5657-0622

ご連絡が取れない場合

①ご担当者名、②折返しのご連絡先、③内容等 を記載の上、
denki@jtbcom.co.jpへお問い合わせください。