お問い合わせ

Eng

人と組織

マーケティング・
営業支援

国際会議・学会・
展示会

地域活性

訪日インバウンド

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

JCD NOW!

JTBコミュニケーションデザインの様々な取り組みをご紹介します。

  • 地域活性
  • Case

東京駅前地下広場から直結する総合観光情報センター「東京シティアイ」

観光情報の提供だけでなく、
日本各地の魅力を発信するお手伝いも

単なる観光情報の案内に留まらず、イベントスペースなども併設している複合型の観光情報センター「東京シティアイ」。運営スタッフである山本と前川は、そこに立ち寄るお客様やイベント主催者のために尽力を惜しまない。好立地にある観光情報センターだからこそできること、そしてこれから目指していく姿とは。

1日平均約4000人が訪れる好立地にあり
3つの機能をもつ観光情報センター

前川
東京シティアイは、旧東京中央郵便局跡地の再開発により、JPタワー・KITTE内に設置された複合型観光情報センターです。東京を訪れる国内外からの旅行者へ交通や食、宿泊、エンターテインメントなどの情報から手配サービスまで、ワンストップで提供しています。

山本
観光案内所としての機能だけでなく、イベント開催スペース、休憩に利用できるカフェスペースの3ゾーンで構成されていて、来訪者は1日平均約4000人、月間平均約12万人です。また、東京駅と有楽町をつなぐ地下通路に面していて、平日1日4~5万人の往来がある場所に位置しているため、国内外の旅行者だけではなく、ビジネスマンや一般の方にもよくご利用いただいているんです。

前川
イベントスペースでは、年間280日ほどのイベントを開催しています。地方自治体などが首都圏でPRを行う際の場所としても活用でき、物産展や移住相談会、ワークショップなどさまざまな目的でご利用いただいています。アンケートをとると、やはり一般のお客様は物販を求めていらっしゃるということもあり、特に物産展は人気があります。また、ご当地キャラなどの着ぐるみが登場するイベントでは、ファミリー層や通勤途中の女性たちが写真を撮るなど、興味をもって足を運んでいただけます。

山本
東京駅周辺で働いている方たちは、いいものであれば金額を問わず買いたいという購買意欲が高い方々も多くいらっしゃいます。東京駅の目の前という立地であることや高い集客力、そして来訪者の客層などを鑑みると、イベントスペースの利用料金が1日20万円(2020年2月現在)というのは、費用対効果の面でとても優れているのではと感じています。実際、ご利用者様には期待以上の効果があったという声もいただいております。

イベントスペース

200226-tokyocityeye-04.jpg

スタッフの細やかなサービスで
「スペース提供」以上の価値を創る

前川
私たちは、イベントの広報にも力を入れています。たとえば毎月のイベントスケジュールを制作したり、大型ビジョン使ってイベントの告知をするなど、積極的にPR支援もしているんです。PR素材をご用意いただければ、無料で東京シティアイやKITTEのホームページ・SNSで告知を行うことも可能ですし、イベント初日にはその様子を撮影し、SNSにアップすることで、さらなる集客を図っています。

山本
東京シティアイは、活気あるイベントスペースを併設した日本屈指の観光情報センターだという自負があります。東京駅がすぐという立地や購買意欲の高い客層が多いこと、平日は4~5万人、休日でも2~3万人の往来がある通りに面していることなどのハード面はもちろんですが、特筆すべきはスタッフによるソフト面です。イベントのお問い合わせをいただいた時点から、アイデアを一緒に出し合ったり、レイアウトの相談にものったりと、お客様とともに作り上げていくようにしているんです。単にスペースを提供するだけでなく、パートナーとして一つのイベントを作り上げていくという熱意をもって取り組んでいます。

観光情報センター

集客アップにビジネスマッチング。
目指すのは「次に繋がるお手伝い」

前川
現在、SNSなどでイベントのPRを積極的に行なっていますが、それ以上になるとお客様の領域に踏み込んでしまうため、どこまでお手伝いすべきか判断が難しいところですが、東京シティアイの認知度が上がればイベントの来場者数も増えますし、もしかしたらイベントに来てくれた人が主催者として使用してくれることもあるかもしれません。そういった意味でも、もっと東京シティアイの魅力を知ってもらい、集客数を上げていくことに力を入れていきたいですね。

山本
また、今後は物販の出店者とバイヤーを結びつけるビジネスマッチングのサポートもしていければと思っています。よくイベント後に「この商品はどこで買えるのか」などとお問い合わせをいただくことも多いんです。なので、その後の販路をしっかりと作ることができたら、商品を気に入ってくれた方にもすぐご案内できますし、出店者も東京シティアイに出店した意味があると思うんです。そのように販路を拡大させることでイベントを一過性のものにせず、次に繋がるお手伝いをしていくことも、私たち"ならでは"の価値であり、使命だと感じています。

■東京シティアイ 基本情報

住  所  東京都千代田区丸の内2丁目7-2 KITTE地下1階
営業時間  8:00~20:00
休 館 日  1月1日、法定点検による全館休館日
公式サイト https://www.tokyocity-i.jp/

山本 正裕・前川 沙織

親身になってお客さまと話すこととクオリティーファーストを大切にしています。
親身にお伺いすれば本当のご要望も見えてきて、もっとよくしてさしあげたいという思いになり、それがお客様の満足にも繋がります。また、会話の中にいろいろなヒントがあり、それをもらっていることを感じます。
繰り返しご利用される方や口コミでご利用される方も増えてきました。
初心を忘れずクオリティを落とさないように、その上で、お客様に合わせたプラスワンの提供を心掛け、日々ブラッシュアップしていきます。

お問い合わせ

この記事に関するソリューション