お問い合わせ

Eng

人と組織

マーケティング・
営業支援

国際会議・学会・
展示会

地域活性

訪日インバウンド

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

特撮のDNA展 東京初開催決定のお知らせ

リリース

2018.10.04

特撮のDNA-『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで-怪獣王、蒲田来襲!(仮称)
東京初開催決定!!大田区蒲田で12月19日開幕

JTBグループで様々なコミュニケーションサービスを提供する、株式会社JTBコミュニケーションデザイン(東京都港区、代表取締役社長:細野 顕宏、以下JTBコミュニケーションデザイン)は、2018年12月19日から2019年1月27日にかけて、特撮のDNA-『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで-怪獣王、蒲田来襲!(仮称)の展覧会を開催します。

Godzilla.jpg

ゴジラ第4形態2号雛型(着彩検討用)『シン・ゴジラ』(2016年)より © TOHO CO., LTD

「特撮のDNA展」は、日本が世界に誇る独自の文化「特撮(特殊撮影)」とその継承者たち、造形の技に着目した展覧会で、これまでに福島、佐賀、明石で開催されました。今回同展の開催が決定した東京・大田区は、かつて「映画の街」として撮影所などを有し、2016年度公開の『シン・ゴジラ』が撮影されるなど、数々の映画作品に所縁のある地です。本展は、JTBコミュニケーションデザインと読売新聞社の主催、大田区との共催により、日本が誇る特撮の魅力を発信するとともに、「映画」という地域資源を有する大田区のエリアブランディングに貢献することを目指します。

本展は、1954年に公開された映画『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで、映画にまつわる造形物などを展示します。また怪獣映画史、特撮映画史を語る上で欠かせない重要作品についても展示し、特撮の系譜も同時に紐解くことが出来る構成となっております。今までゴジラ映画に馴染みがない方、またゴジラ映画ファンや特撮ファンにとっても、十分に見ごたえのある展覧会です。併せて大田区を中心とした各地域と連携した関連企画なども予定しています。

JTBコミュニケーションデザインは本展の開催を通じ、「訪れたくなる街づくり」を目指した地域活性に寄与する交流拠点事業をデザインすることで、新たなコミュニケーションを創造していきます。

■開催概要  ※2018年10月4日現在

・イベント名称:特撮のDNA-『ゴジラ』から『シン・ゴジラ』まで-怪獣王、蒲田来襲!(仮称)
・開催期間:2018年12月19日(水)~2019年1月27日(日)※休館日は1月12日(土)
・開催時間:10:00~19:00 ※最終入場は閉館の30分前まで
・開催会場:日本工学院専門学校「ギャラリー鴻」〒144-8655 東京都大田区西蒲田5丁目23-22
・入場料:
  入場券A(大人)1,600円
  入場券B(学生)1,000円 ※中学生・高校生・高専生・専門生・大学生対象
  入場券C(子供) 500円 ※小学生対象<未就学児は無料>
  大田区民割引券 1,000円 ※在住者・在学者・在勤者対象<会場にて販売(証明提示要)>
  シニア割引券  1,000円 ※60歳以上の方対象<会場にて販売(証明提示要)>
  プレミアムチケット ※詳細は10月中に公式サイトにてお知らせします。
・発売日:2018年10月11日(木)※詳細は公式サイトにてお知らせします。
・主催:JTBコミュニケーションデザイン、読売新聞社
・共催:大田区
・制作:「特撮のDNA」展 実行委員会
・協力:東宝株式会社、株式会社東宝映像美術、株式会社ホビージャパン ほか
・特別協力:西村祐次(M1号)、若狭新一(MONSTERS, INC.)、原口智生コレクション、なべやかん
・展示協力:株式会社カラー、特定非営利活動法人アニメ特撮アーカイブ機構(ATAC)、光写真印刷株式会社 ほか
・公式サイト:http://tokusatsu-dna-tokyo.com/(本展公式HP)

本件に関するお問い合わせ先
JTBコミュニケーションデザイン エリアマネジメント事業部
TEL:03-5657-0698 担当:井上・富田・大西