お問い合わせ

Eng

人と組織の
活性支援

マーケティング・
営業支援

会議運営・事務局運営

地域活性支援

訪日インバウンド支援

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

リアルな場で展開されるオフラインイベントも
オンラインソリューションとの併用により効果を最大化

マーケティングの高度化により、リアルなコミュニケーションの場であるイベントの重要性が再認識されています。デジタル技術の進歩により、主催者と参加者、参加者同士のコミュニケーションがよりインタラクティブになり、遠隔地からの参加や、効果測定も可視化して提供できるようになっています。

オンデマンド映像配信、ライブ配信、バーチャルイベントといったオンラインソリューションを効果的に活用することで最適なソリューションをご提案させていただきます。

オンラインソリューションで解決できる課題

このような課題を解決することができます。

収容人数の問題

もっとたくさんの人に来て欲しいけれど大きな会場が空いていない!

立地の問題

遠隔地のお客様にも参加して欲しいけれど複数都市開催するのはコストも労力も大変!

日程の問題

様々な事情でイベントに来られない人の中にもビジネスチャンスに繋がるキーパーソンが!

コミュニケーションの問題

営業マンが限られていて、参加者とのコミュニケーションがなかなか取れない

イベント効果

開催したイベントの効果が知りたい
参加者のリアルな声が知りたい

オンデマンド映像配信

オンデマンド映像配信とは、ウェブ上で様々な映像コンテンツを配信し、視聴者が観たいときにいつでもそのコンテンツを観ることができる配信方法のことです。

視聴者の移動時間でもスマートフォンから気軽にアクセスできるため、より多くの視聴者にリーチすることができ、便利に利用いただけます。

導入イベント例

  • 講演会
  • 研修/セミナー
  • 社長メッセージ配信

メリット

  • 撮影・収録は、会議室・応接室などの小スペースで実施可能
  • 配信する映像は、カメラ画・スライド・テロップなどの要素を、ご希望に合わせて自由にレイアウトする事ができ、重要なポイントを効果的に伝達が可能
  • 多くの視聴者に長期間リーチ可能

デメリット

  • リアルタイムで視聴者の声を聞くことができない
  • 視聴者の視聴タイミングに依存するため、全体での一体感の醸成は難しい

ライブ映像配信

多くのセッション(映像)を配信したい

ライブ映像配信とは、リアルタイムで撮影している映像を、その場でウェブ上で配信し、リアルタイムで視聴者がサーバーへアクセスすることにより、実際に行われている様子を観ることができる配信方法のことです。

遠隔地からの参加者やなんらかの事情でイベントに参加できない方にも、情報発信が可能になります。

導入イベント例

  • 入社式
  • 全社集会・キックオフ
  • カンファレンスでの基調講演配信
  • 新商品発表会

メリット

  • リアルタイムで視聴者とコミュニケーションがとれ、反応を知ることが可能
  • 撮影・収録は、会議室・応接室などの小スペースでも実施可能
  • 配信する映像は、カメラ画・スライド・テロップなどの要素を、ご希望に合わせて自由にレイアウトする事ができ、重要なポイントを効果的に伝達が可能
  • 多くの視聴者にリーチ可能

デメリット

  • 再編集ややり直しができないため、入念なリハーサル・準備が必要
  • 該当時間に閲覧できない方へのリーチはできない
  • セッション数(チャンネル数)に応じて配信コストが上がる

バーチャルイベント

視聴者には同時に映像を観て欲しい
ライブ配信のみにすることで注目度を上げたい

展示会、見本市等、複数社・複数テーマ内容を取り扱うイベントで提供される様々なサービスを、オンライン上で実現することができるバーチャルイベントシステムです。

エントランス、展示会場、講演会場、企業ブースなど複数の部屋やブースをオンライン上の仮想空間に設置することが可能です。

開催地・居住地に関係なく、実際にオンライン上でイベントを体感いただくことが可能です。

導入イベント例

  • 総合展示会(大型展示会・博覧会・見本市)
  • プライベートショー
  • 就職フェア

メリット

  • 遠隔地の方や役職者にもリーチ可能
  • 天候/天災の影響を受けない
  • 出展社数や商談数を増大できる
  • バーチャルイベント会場内での行動履歴を把握できる

デメリット

  • 参加者側の視聴環境に対応ができない
  • 他ソリューションに比べて実施できる内容が多い分、サイト構築までの時間やコストがかかる

ハイブリッドイベント

リアルな場でのイベントと、オンラインソリューションを掛け合わせることで、より大きな効果を期待できます

ハイブリッドイベントとは、実際のイベント会場に加え、オンラインで展開するライブ配信やバーチャルルームを併用するイベントです。

場所や会場、時間などに縛られない幅広い層へリーチできるほか、出展社やスポンサーへのプロモーションメリットを高められます。さらに、主催者・参加者間や参加者同士のコミュニケーション機会が増え、講演資料の効果的な配信や、参加者の行動履歴を把握することができるなど、イベントマーケティング施策の効果を最大限引き出すことが可能です。

導入イベント例

  • 講演会
  • 研修/セミナー
  • 入社式
  • 全社集会・キックオフ
  • カンファレンス
  • 新商品発表会
  • 総合展示会(大型展示会・博覧会・見本市)
  • プライベートショー
  • 就職フェア

効果測定を可能にするイベントマネジメントソフトウェア(EMS)

詳しくはこちら

関連コラム

関連セミナー

2020年6月11日(木)15:00~16:00(オンライン開催)
ニューノーマル
集えない今、イベント担当者が押さえるべきオンラインイベントのあり方
~テクニカル編~

お問い合わせ