お問い合わせ

Eng

人と組織の
活性支援

マーケティング・
営業支援

会議運営・事務局運営

地域活性支援

訪日インバウンド支援

スポーツ・
エンタテインメント

お問い合わせ

イベント力を高めれば、会社はもっと強くなる

企業が開催するミーティングやイベントは、お客さまや取引先、株主や地域社会等の各ステークホルダーに対して、企業の重要なメッセージを伝える場です。

数多くの企業ミーティング・イベントの企画・運営をお手伝いするJTBコミュニケーションデザインは、企業の担当者様とともに、開催するイベントを通して伝えるべきメッセージに向き合い、参加者との最適なコミュニケーションプランを設計します。
また、JTBグループや独自の提携先との連携により、国内はもとより、海外でのミーティング・イベント開催にも対応します。

企業プロモーションイベント・プライベートショー

お客様や取引先(サプライヤーや販売代理店)に向けて、最新の技術や製品情報を提供するプロモーションイベントやプライベートショーにおいては、製品バリューの訴求、営業戦略の方向性など、複合的かつ多様な参加者とのコミュニケーションにより、貴社のブランド価値の最大化を目指します。
製薬・自動車・IT・金融業界様をはじめとした、あらゆる業種・業界への豊富な実績とノウハウをもとに、集客をはじめとした参加者とのコミュニケーションプラン策定~各種KPIの設定~運営・進行~事後検証~次回への提案までをトータルにデザインします。
また、海外進出の足掛かりとして、現地で開催するセミナーにも対応。現地での告知・集客・要人のブッキングもお手伝いします。

取扱イベント例

  • 顧客・販売代理店向けセミナー、カンファレンス
  • 新商品発表会
  • 投資家向けカンファレンス
  • プレスカンファレンス
  • 地域市民向けセミナー、タウンミーティング
  • 展示会、商談会、プライベートショー
  • 合同会社説明会
  • 大会、式典

事例

クライアント 株式会社野村総合研究所様
会場 東京
参加者 ~1500名規模
構成 セミナー/カンファレンス/周年事業/コンテスト/制作
年間で開催されるBtoBイベント事例

年間で開催されるBtoBイベントの企画段階よりサポート、課題の洗い出しと解決策を提案し、クライアントの事業部間を横断したプロジェクト推進のサポートを行っています。
当日運営はもとより、イベントフレームからコンテンツワーク、企業のブランディングまで多角的なコミュニケーション活動を実施することで信頼と実績を積み重ねています。

提供サービス例

事前制作

  • 目的とテーマの整理
  • ターゲットの設定
  • 集客手法の選定と詳細確
  • キービジュアル制作
  • 登録サイトの制作
  • 告知サイトの制作
  • プログラム設計
  • 登壇者選定
  • 出展者規約制作
  • リリース(告知・集客)
  • 問合せ対応
  • 登録者管理
  • 出展者管理
  • システム手配
  • 機材手配
  • 会場(配信拠点)手配
  • 人員手配(MC/進行スタッフ/オペレーター)
  • 進行フロー策定
  • 進行台本作成
  • 役割分担
  • スライド作成
  • 映像制作
  • FAQ想定
  • アンケート制作
  • Etc.

本番会期

  • 全体進行統括
  • 進行スタッフ管理
  • タイムコントロール
  • オペレーションスタッフ管理
  • 会場(配信拠点)調整・管理
  • 機材運用管理
  • システム運用管理
  • 映像収録
  • 記録映像編集
  • 登壇者管理
  • 問合せ窓口等
  • オンラインFAQ対応
  • Etc.

事後対応

  • 参加ログ集計
  • 実績報告
  • フォローアップ作業(サンクスメール配信等)
  • アーカイブ映像作成
  • 報告書作成
  • アンケート集計
  • Etc.

次回施策

  • 実績の振り返り、効果ヒアリングを含めた次年度開催に向けた計画策定サポート

詳しくはこちら

株主総会

規模の大型化による開催会場の変化や外国人株主を含めた個人投資家の増加などの市場環境の変化に伴い、新しい株主総会の必要性が企業に求められている昨今、株主総会の運営はより煩雑さを増しています。また2020年からは、インターネット等の手段を用いて遠隔地から参加/出席が可能な「ハイブリッド型バーチャル株主総会」が実施されるようになっています。
私たちは、株主総会を単なる事業報告の場ではなく、投資家に満足していただく為のIRコミュニケーションを実現する場であると考え、会場手配から折衝業務、スムーズな現場運営、株主様へのホスピタリティ等、多面的なお手伝いで『信頼と安心』をお約束し、ホスピタリティの高い株主総会を実現するとともに、社員様の手間を削減いたします。
「ハイブリッド型バーチャル株主総会」においても、2020年から全面サポートにいち早く取り組んだ実績をもとに、新たに得たノウハウや運営を行うにあたり見えてきた課題などを踏まえ、総会運営、現場での株主対応からオンライン収録・配信まで、リアルとバーチャルの両方をご支援します。

事例

クライアント 大手製薬会社様 株主総会
会場 都内貸会議室
参加者 1700名
構成 株主総会
株主総会事例

来場される株主様はもちろんのこと、社員の皆様に対しても、ホスピタリティを忘れず、企業様のご要望に合わせたご提案で、スムーズな総会運営をサポートしています。制作物や機材など各種手配に加え、株主総会での繊細な気配りを評価していただき、数年来のお付き合いの企業様も多数あります。

詳しくはこちら

インバウンドイベント

海外のお客様が訪日して日本で開催されるイベントは、インバウンドイベントと呼ばれ、ワールドワイドな企業や産業の世界大会から、企業のセクションおよびレイヤー別ミーティングであるボードミーティングやプロキュアメントグローバルミーティング、マネージャーグローバルミーティングなど、日本で盛んに開催されるようになりました。
JTBコミュニケーションデザインでは、外国人の方の文化や嗜好に合わせ、インバウンドイベントを企画・コーディネートをすることが可能です。
トレンドであるユニークベニューでのアレンジやマルチリンガルな対応もワンストップでご要望にお応えします。

取扱イベント例

  • ワールドワイド企業世界大会
  • 産業界世界大会
  • グローバルボートミーティング
  • グローバルプロキュアメントミーティング
  • グローバルマネージャーミーティング
  • グローバルガライベント
  • ガラパーティー
  • 商談会を併設したグローバルイベント

詳しくはこちら

主催カンファレンス(G-MACカンファレンス)

JTBコミュニケーションデザインは、金融機関、上場企業の役員・上級管理職・役職者を参加対象として、国際会議(G-MAC Conference)を開催しています。企業経営にとって重要なテーマ、最も関心を集める最新のテーマについて、そのテーマにおけるスペシャリスト、企業経営者、部門最高責任者等に講演いただき、参加者の方々の情報収集、学習の場を提供いたします。

G-MAC Conference Global Management & Communications

詳しくはこちら

Strategic Meetings Management(SMM)

SMMとは、企業のミーティングやイベントに関する、戦略策定・実施プロセス・サプライヤー・データ等の全体統括管理です。企業様独自のSMMプログラム構築を支援します。

JTBコミュニケーションデザインは、お客様独自のSMMプログラム構築のお手伝いをすることで、ミーティングの品質向上や品質の可視化、経費コントロール、リスク軽減、参加者満足度向上に貢献します。

詳しくはこちら

よくあるご質問

どれくらいの予算を考えればいいですか?
費用は、会場規模やイベント参加人数、演出規模、映像や記念品等の制作物の有無などの要素によって、決まります。ご予算がお決まりであれば、その範囲内でのご提案をすることも可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。
どの地域の対応が可能ですか?
イベントの実施は、日本全国、また、海外も可能です。 JTBグループのネットワークで、あらゆるご要望に対応いたします。
まだイベントの日程や人数などが確定していませんが相談だけでもよいですか?
はい。まずはご相談ください。WEBサイトではご紹介できない事例や、イベント実施のポイントなどをお伝えします。
外国の来賓の方が多く来ます。日本のユニークべニューでイベントを開催したいのですが可能ですか?
ユニークべニューでのイベントアレンジは、数多くの経験と実績があります。通常では利用できない、博物館、美術館、寺社仏閣、日本庭園などイベントに利用するためには厳しい制限などもありますので、様々な角度からアドバイスいたします。

情報セキュリティ

情報セキュリティ方針(2020年4月1日策定)

ISO27001認証ISO27001.png
認証番号:IS 697257
初回認証登録日:2018年9月22日
最新更新日:2020年4月1日
登録範囲:東京オフィス・大阪オフィス
適用範囲:SMM 事業の推進並びに製薬業界を中心としたPCO 業務
2018年7月2日付 適用宣言書 第1版

お問い合わせ

当社は「リモートワーク」を基本とした働き方へ移行しました。
恐れ入りますが、お問い合わせは下記フォームにてお願いいたします。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ
コーポレートソリューション部 プロデュース局 03-5657-0897
※業務状況により、お電話に出ることのできない場合がございます。