最新調査DATA
最新調査DATA
  • HOME
  • COLUMN
  • #05 日本観光ブームの行く先はいかに?...
         
COLUMN

#05

日本観光ブームの行く先はいかに?!

インバウンド事業推進室 友光愛

皆様、こんにちは。インバウンド事業推進室(IP2)友光です。
さて、今回はこんなニュースを斬ります。

「円安で日本観光ブームに!為替差益で20%オフに相当」
円安に伴い、中国では日本観光ブーム真っ盛り。中国人観光客に対する年間販売量が80%を占める大手免税店ラオックスはチェーン店を50店舗まで増設する見通し。

ラオックスといえば夏に新宿本店がオープンしましたね。
先日、IP2滝川が「爆買い」の秘密は謎解けていないと記事にしましたが、
今回はまた違った角度から「爆買い」についてみてみましょう。

中国人による爆買いの理由のひとつに、「中国国内での高い輸入関税」があります。
旅費をかけてでも日本で買ったほうが安くつく。

10月の国慶節では、中国人の人気海外旅行先は日本がトップ。
一方、韓国への訪問率は30%近くマイナス。まだまだMARSの影響が続いているようです。

そこで思うのは、

もしも中国での輸入関税が緩和されたら・・・?
もしもウイルス感染や地震などが日本でも起きたならば・・・?
もしも円安が円高にシフトしてきたら・・・?

ラオックスは婦人靴製造・販売中堅のモード・エ・ジャコモの買収や、
また新宿本店では自社のファッションブランド「ORIGAMI」の販売を開始など、
ジャパンプレミアムの強化を図っています。

外的要因による影響や変化に負けない
日本ブランドを構築・発信していくことが重要ですね。

以上ありがとうございました。

  • もしも・・・?!

    もしも・・・?!

PROFILE

  • プロフィール画像
    • 友光愛
    • インバウンド事業推進室
      2015年入社。
      好きなものは、夏のサーフィン、油画、洋楽、れんこん。23歳頑張ります。
ページトップへ戻るボタン