最新調査DATA
最新調査DATA
  • HOME
  • PEOPLE
  • #13 ニッポンレンタカー様 × インバ...
メインイメージ画像

JTBグループのアウトプットを担ってきた経験を武器に、
連携の幅を広げグループ各社と地域を繋いでいきたい。

金田
弊社では2014年度に、石塚をはじめとする社内の若手を中心に今後拡大して行くインバウンド分野にどう取り組んでいくかという勉強会を立ち上げました。2015年度に入ってからは、ニッポンレンタカー様の担当者と定期的に情報交換の機会を持ち、インバウンドツール類をご提案しています。先方は以前から海外での展示会や説明会に積極的に参加されていたので、ITF(国際運輸労連)のイベントで配布するJTBコミュニケーションデザイン編集のフリーペーパーに広告を出稿いただきました。
石塚
今回はたまたまタイミングが合ったということで紙媒体だったんですが、先方様はWEBやSNS など、インターネットでの現地プロモーションにご興味を持っていらっしゃいます。今後は海外でのWEB展開に特化したご提案でお役に立てるのではないかと思っています。
金田
JTBグループ内で、インバウンドに関連する最近のものとしては、メディカルツーリズムを推進している部署のサポートですね。日本の充実した先進医療は海外の富裕層から大きなニーズがありますので、そういった施設をご紹介する多言語パンフレットの制作は必須です。外国人が読まれることを意識したデザインや文章作成といった編集は、弊社の強みでもあります。
石塚
編集に関連したものというと、いま会社全体として力を入れている事業に「翻訳前作業」というものがあります。インバウンドを意識した外国語の日本国内旅行パンフレットの需要は年々高まっていますが、元となる日本語パンフレットを文章構造の違う外国語にそのまま翻訳すると主旨の分からない文章になったり、誤訳を生むことも。そうなると後々修正に多大な労力がかかります。それを防ぐために翻訳前の日本語を整理する作業が「翻訳前作業」です。
金田剛、石塚一至
金田
翻訳に際しての日本語の整理の他にも、我々には国内外の旅行商品ツール制作で培った知見があります。例えば何処かの旅館で、"お客様に○○をプレゼントします" というキャンペーンをされたとします。それが日本人向けとしては良くても、外国人のお客様にとってはどうなのか。単に右から左に翻訳するのではなく、旅行商品を熟知している我々だからこそ翻訳前原稿に配慮できる、という付加価値もあります。アウトプット全体を考えた情報の整理ですね。それこそパソコンやコンピューターにはできない、人の手が必要なものですから。
石塚
今後としては、地方自治体様と連携した取り組みを考えています。現在、東京23区の自治体様に対し、インバウンドに関する観光コンテンツのヒアリングを行って情報を蓄積しています。その後、東京23区を含め全国の各自治体様のPR映像や翻訳冊子を作り、主にJTBの店舗を各地域のアウトプットの場、集客の場とするビジネスを展開していきたいですね。理想は訪日外国人向けに旅行商品を発売しているグループ企業と地方自治体を繋げるスキームを作り、JTBと組んだメリットを自治体に感じてもらえるようなプロモーションプランを企画していくことです。弊社の方から地域の事業会社に出向している仲間もいるので、彼らと上手く連携して幅を広げていきたい。JTBグループ各社と地域を繋ぐ役割を担うというところに、弊社の存在価値を引き上げていければと考えています。
金田
我々はJTBグループのアウトプットを担ってきただけに、外に向けて認知された会社ではないかもしれません。ただ、グループ各社の動きを熟知していなくてはならない立場にあり、必要とされる情報を整理して発信するという役割は、グループの中で弊社が担えるところだと思っています。

PROFILE

  • プロフィール画像
    • 金田剛
    • 株式会社JTB アドプロダクツ 営業局
      プロデュースチーム プロデューサー

      旅行パンフレットやWEB 制作、セールスプロモーションをはじめとして、主にJTB グループのアウトプットを担当する「株式会社JTB アドプロダクツ」在籍。これまで培った外国人向け制作ツールのノウハウを活かし、新たな事業展開を目指す。
  • プロフィール画像
    • 石塚一至
    • 株式会社JTB アドプロダクツ 営業局
      営業チーム アシスタントプロデューサー

      情報誌の広告スポンサード業務を経て、2014 年にJTB アドプロダクツに入社。アカウントディレクターとしてグループ各社のプロモーションを担当。
ページトップへ戻るボタン