最新調査DATA
最新調査DATA
  • HOME
  • PEOPLE
  • #06 エンタテインメント × インバウ...
メインイメージ画像

地域・観光振興、旅行促進を目的とした音楽レーベルを設立。
世界を旅する音楽が、日本と海外を繋ぐ架け橋となる。

浜島
私たちの部署では、「地域・観光振興、旅行促進活動を音楽コンテンツを通して展開する」という目的の下、2013 年に音楽レーベル『JTB MUSIC』をインキュベーション事業として立ち上げました。旅と音楽が親和性の高いコンテンツであることに着目し、インバウンドとアウトバウンドマーケットに確実に訴求できるアーティストの発掘と開発、音楽コンテンツの企画、制作、プロデュースを手掛けています。
2015 年の1 月にデビューした「Runningman Tokyo」は、「世代や国境を越えるミュージックエンタテインメントの創出」をコンセプトに、JPOP とワールドミュージック、ダンスを融合させたダンス&ボーカルユニット。地域・観光振興の場において高いコミュニケーション能力を発揮してもらうため、国内外の活動経験と異文化への適応能力のあるボーカルとダンサーをオーディションで選び、サウンドプロデューサーには、中西圭三氏を迎えました。
彼らの楽曲のテーマは「音楽で世界を旅する」。デビューシングル『BECAUSE』は、世界と日本を結ぶ空の旅をイメージした高揚感あふれる1 曲。旅の期待感やその楽しさを存分に表現しています。セカンドシングルの『ログアウト』は、来年オリンピックが開催されるブラジルを訪問地に想定。ブラジルの伝統武術カポエイラのサウンドとダンスを取り入れた独創的な仕上がりになっています。サードシングル以降もテーマとなる国とコンセプトを決めて、感度の高い楽曲を展開していきます。
浜島剛平
インバウンドマーケットへ訴求するための施策は様々です。外国人の来客が予想される異文化交流イベントを中心にした営業をしています。今年の秋にはブラジルのカポエラサウンドを取り入れた2nd シングル「ログアウト」のプロモーションを兼ねて、池袋で開催されたFesta do Brazil 2015 にライブ出演するなどの活動を通してマーケットに訴求しています。また、タッチポイント媒体を構築すべく、国内外で聴取できるインターネットラジオ局で番組をスタート。今後は、番組内でインバウンド向けの情報コーナーを設けたり、バイリンガル放送をしていくことも計画中です。さらに、国内外で購入可能な配信対応を行い、認知度アップと楽曲ダウンロード拡大を目指しています。
この先は、インバウンドとアウトバウンドマーケットを獲得したいクライアントのタイアップ企画を提案し、双方にメリットのあるW プロモーション展開を見据えています。それらのマーケット層をセグメントできるようなアイコン的存在として、「Runningman Tokyo」の地位を確立していきたいです。楽曲を通して、外国人が日本に興味をもってくれること、同様に日本人も外国に興味を持ってくれること。それが私たちの狙いです。アーティストと楽曲が、日本と海外の架け橋になってくれたら嬉しいですね。
この事業は他の音楽レーベルも興味を持っていますが地域・観光振興の拠点がないため、なかなか着手できないんです。今まで地域・観光振興に携わってきたJTB グループだからこそできる事業だと自負しています。インバウンド向けのプロモーションとして楽曲やイメージVTR を作りたい、巻き込み型イベントを開催したいなどのご要望があれば、お気軽にお問い合わせください。現在も都内の某エリアから、外国人を含む観光客を集めたいという相談を受けており、弊社のアーティストを使った施策を講じています。地域の特徴によって、インバウンドのあり方は様々。そこに柔軟に対応できるのが、ソフトコンテンツであり、弊社のアーティストや楽曲なのです。JTB グループの音楽レーベルとして、観光振興や文化交流に使いやすいコンテンツを生み出していくこと。それが私たちの最重要のミッションだと考えています。

PROFILE

  • プロフィール画像
    • 浜島剛平
    • 事業開発2局

      主に指定管理者制度、PFI/PPPを軸とした公共施設や民間施設の運営プロデュースを担当。今後は施設を拠点にした交流文化事業の促進に注力していく。
ページトップへ戻るボタン