最新調査DATA
最新調査DATA
協力会社の視点

#01

ゲストコラム

真の“おもてなし”とは?

Yummy Japan 株式会社 プロデューサー 鈴木 雅人

  • 現在50組のYouTuberを抱えるYummy Japan。そのほとんどが個性豊かな外国人クリエイターだ。

    現在50組のYouTuberを抱えるYummy Japan。そのほとんどが個性豊かな外国人クリエイターだ。

昨今、どこに行っても多く目にするのが"おもてなし" の文字。
車両広告やTVCF、挙げ句の果ては商品名まで...この言葉が今この国の、はたまた世界の流行語であることは確かです。

「ここでも使っちゃうの?」と多少の乱用感は否めませんが、和食のユネスコ無形文化遺産登録をはじめ、現在この国はまさに、「インバウンド事業ブーム」である証拠でもあります。
つまり私も含め、このサイトをご覧になっている方々にとって、今こそが絶好の好機だということです。

というわけで、ライバルも同時に増えるわけです。
ここ最近多くのインバウンドメディアが増えてきました。
広義な意味で日本の文化を記事化して世界に発信しているメディアであったり、ピンポイントに日本酒の魅力を世界に発信するメディアであったり、様々な戦略のもと、数多くのインバウンドメディアが存在しています。

その中から如何に他社と差別化をはかるかが重要であり、その要素となるのが"おもてなし"の捉え方であると私は思っています。
勿論どの様にマネタイズしていくか、PR していくかも重要な要素ですが、ベースとしてはやはり、オウンドメディアを通してどのように外国の方を"おもてなし"するのかを考査することが、必須なのではないでしょうか。

注意すべきなのは"おもてなし" という言葉をただ単に利用して自己満足することです。
ターゲットである外国人に満足して頂けなければ、それは"おもてなし" とは言えません。

とはいえ正直、私には外国の方の気持ちが100%わかるわけではありません。
そんなこと言って良いものか、と思いますが本当なんです。
"おもてなし" の精神は勿論あります。その為に行動もします。

ですが、外国の方に対する自分自身の行動により、彼らが心から満足してくれるかどうかは、正直あまり自信がありません。

理由は単純明快で、私は日本人だからです。

  • 直感的に内容がわかるYummy Japanのトップページ。外国人の意見を採用した。現在サイトリニューアルに向け制作中。

    直感的に内容がわかるYummy Japanのトップページ。外国人の意見を採用した。現在サイトリニューアルに向け制作中。

  • 多国籍の女性達による居酒屋探訪チャンネル「Deep in Japan」は人気コンテンツの1つ。

    多国籍の女性達による居酒屋探訪チャンネル「Deep in Japan」は人気コンテンツの1つ。

そこで私たちは外国の方からの視点や意見を取り入れながら、メディアを運営していくことにしました。
日本人が日本の魅力を発信するのではなく、日本の魅力を発信する外国人の手助けをする。
そして彼らと共に、外国人にとって「本当に有益な情報」や「日本の魅力」を動画で世界に発信していき、訪日外国人に満足していただく動画をご提供する。

それが私たちYummy Japan のミッションであり、私たちの "おもてなし" です。

冒頭多くのインバウンドメディアを私はライバルと表現してしまいましたが、同じベクトルのもと、ゴールへ向かっていることは一緒だと感じています。
それぞれのメディアがそれぞれの"おもてなし" を見い出し、発信し、時には助け合いながら、2020 年に想定されている2000 万人の訪日外国人を"おもてなし" していきましょう。

今こそ"おもてなしの" 真価が問われるときなのではないでしょうか。

PROFILE

  • プロフィール画像
    • 鈴木 雅人
    • Yummy Japan 株式会社 プロデューサー

      2015年4月より設立したYummy Japan 株式会社 創設メンバーの1人。
      主に新規YouTuberの開拓、企業へのインバウンドプロモーションを担当。

      yummy_japan.jpg
ページトップへ戻るボタン