最新調査DATA
最新調査DATA
  • HOME
  • COLUMN
  • #03 じぇじぇじぇとは言いませんから。...
         
COLUMN

#03

じぇじぇじぇとは言いませんから。考察

TC2局 木村秀

岩手県出身の僕は、周囲の人たちから「じぇじぇじぇ」っていうの?と、もの凄く聞かれます。

今や岩手県久慈市には、人口をはるかに超す観光客が押し寄せ、 市役所や民間企業駐車場を解放しないといけない事態に陥りました。正直パニックでした。
20キロ先までトイレがない一車線の道での渋滞は地獄でした。
自分の街がそんな人気になるとはつゆ知らず、本当に観光客を捌けていない、 キャパオーバーをしてしまっていました。

そんな爆発的人気も国内では落ち着いていますが、台湾では今も健在です。
5月に台北で行われた旅行博TTEでは、海女さんの格好でお出迎えした東北ブースは大盛況でした。

そんな折、先日こんな記事がありました。
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1506/09/news042.html

内容は、置いておいて(思考は人それぞれなので)、 記事によると日本は世界での外国人観光客数ランキング26位とのことでした。
統計は毎年7月~8月に発表しているとのことなので、日本2014年度1300万人を突破した日本を 2014年度20位前後にランクインされるくらいでしょうか。

世界で見ると、
1位 フランス (8500.0万人)、 2位 アメリカ (6976.8万人)、 3位 スペイン (6066.1万人)
アジアの国で上位となると、
4位 中国 (5568.6万人)、 10位 タイ (2654.7万人)、 12位 香港 (2566.1万人)

数値を見て思ったのは、 日本は「世界の観光大国」として、 もっと人が来て欲しいとPRを続けている→もっと人がくる→本当に捌けるの?本当に受け入れる環境が 整っているの?という疑問です。

各自治体は、我が町へ「おいで!おいで!」と色々なキャンペーンをやっています。
ホテルが足りない、バスが足りないなどインフラ部分についての問題が露呈している日本において、 観光地ばかりをPRしていくことが本当に正しいのでしょうか?

東アジアで観光展を運営していると、日本ブースの人気は非常に高いです。
もっともっと観光客が増える伸びしろはあるんだなぁと改めて思います。

自治体は、「来て!来て!」と軽々しくいいますが、本当に楽しんで貰うためには、しっかりとした インフラがあってこそだと思います。「インフラしっかりとしています!」を全面に押す自治体にお会いしたことはありません。

基礎がしっかりしてこその応用、定礎あっての高層ビル、インフラあってのインバウンドだと思います。

  • 浄土ヶ浜

    浄土ヶ浜©JNTO

PROFILE

  • プロフィール画像
    • 木村秀
    • ツーリズムコミュニケーション2局
      アシスタントプロデューサー
      2014年入社。
      官庁、民間企業とインバウンドと名が付くものは幅広く担当している。
      好きなものは、晴れた夏の朝、前夜祭、サッカー、トマト。二児のパパ。
ページトップへ戻るボタン